2種類のドリップコーヒーについて

  • カフェインレスコーヒーの効果

    • カフェインレスコーヒーは、コーヒーからカフェインを取り除いたもので、一般的には「デカフェ」と呼ばれています。



      欧米では健康上の理由からカフェインを摂取したくない人々に広く受け入れられています。10年以上前の海外TVドラマでも当然のように「デカフェ」が登場しますが、日本での認知度は現在でもまだ低いと言えるでしょう。

      カフェインを摂取すると「眠れなくなる」というのが通説ですが、それはカフェインの覚醒作用によるものです。

      iemoを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

      その他に、気管支拡張作用、利尿作用、血管収縮作用があります。
      それらの作用によって、集中力アップや血流を良くするなど健康に役立つ効果が期待できる一方で、それらの作用によって、依存性、胃液の分泌を促し胃を荒らす、ホルモン分泌の抑制、鉄分吸収の阻害、胎児への悪影響などのデメリットも生じます。

      カフェインレスコーヒーは、カフェインによるメリットは得られませんが、コーヒーが持つ魅力的な効果を取り入れることができます。

      例えば、カフェインを取り除いてもクロロゲン酸は残ります。



      クロロゲン酸には、抗酸化作用、ダイエット、糖尿病予防、血糖値の上昇を抑えるなどの効果があります。

      コーヒーの持つ独特の香りや苦みには、自律神経の働きを高め高血圧や低血圧の改善が期待できます。また、その香りはリラックスをもたらすと考えられています。

      カフェインレスコーヒーの日本での認知度は低くても、妊娠中の方や高齢者からの確実な需要があり、豆だけでなくドリップバックやインスタントのものも登場しています。

      味や風味も改良されて、楽しんで飲むことができるようになりました。朝はカフェイン入り、寝る前は睡眠を促すカフェインレスコーヒーを飲むなど、状況や期待する効果に合わせて飲むのがお勧めです。