2種類のドリップコーヒーについて

  • 健康に気を使う方にはカフェインレスコーヒー

    • 今や日本人の生活にすっかり馴染んだ飲み物コーヒー。コーヒーの香りで一日が始まるという人も多いと思います。しかし健康上の都合からコーヒーが飲みたくても飲めない人もいることでしょう。


      そんな人におすすめしたいのがカフェインレスコーヒーです。
      これはコーヒーから身体に良くないといわれる成分カフェインを除いたもので、デカフェとも呼ばれています。

      カフェインには中枢神経興奮作用があり、血管を収縮させる働きがあります。

      M3Qに関する特集の情報が満載です。

      また、強心作用から心拍数の増加、過度の興奮、不眠、情緒不安などを引き起こします。
      いずれも適量の摂取であれば健康被害はありませんが、健康に気をつかうならば避けるに越したことはないでしょう。

      カフェインの悪影響が出やすいのが幼児や妊婦、授乳中の女性です。



      特に妊婦の場合はカフェインは胎盤を通過するので胎児にも影響を与えてしまうので積極的に避けましょう。

      もともとコーヒーを飲む習慣があった欧米では、カフェインレスコーヒーは喫茶店でもメニューに載るような一般的な存在でした。普及が遅れていた日本でもここ数年で急速に広まっており、身近なスーパーでもカフェインレスコーヒーを購入することができるようになっています。
      商品も豆を挽いた粉のものやインスタント、そのまま飲めるペットボトルに入ったものなど品数も増えています。

      妊婦でない人でも健康のためにカフェインレスコーヒーという選択肢を視野に入れておくと良いかもしれません。

      カフェインレスコーヒーの情報が満載です。